📖

辞書機能

辞書機能とは

一般的に使われていない用語を話した場合、文字起こしは正確であっても、AIが文脈から不適切と判断し別の単語に置き換えることがあります。これを防ぐためには、社内でのみ使用される単語や固有名詞をシステムに事前に登録することで、意図した通りの文字起こしや議事録作成が可能になります。

ここでは、専門用語やユーザーのカスタムフレーズを正確に認識し、他言語への翻訳も支援する特殊単語認識機能と翻訳辞書をご紹介します。

1. 特殊単語認識

認識率を高めたい特殊単語を事前に入力します。

❀STEP❀

  1. 特殊単語を登録する「言語」を選びます。
  2. その後、単語を入力して「保存」ボタンを押します。
💡
必ず「保存」ボタンを押してください。
💡
登録したい単語が多い場合は、CSVを読み込んで一度に登録したり、自分の特殊単語リストをCSVでダウンロードし、他のメンバーと共有することもできます。

2. 翻訳辞書

特殊単語の登録後、それらを翻訳辞書に追加できます。例えば、英語の特殊単語「VoicePing」を登録した後、この単語が日本語に翻訳される際に「ボイスピング」と訳されるように指定したい場合があります。そのような場合は、動画のように簡単に日本語のカスタムフレーズを入力すれば完了です。

❀STEP❀

  1. 「翻訳辞書」をクリック
  2. 事前登録した特殊単語認識を入力
  3. 希望する言語の翻訳単語を入力
  4. 「保存」ボタンを押します。
💡
必ず事前に特殊単語認識の登録を完了してください。
💡
必ず「保存」ボタンを押してください。

以下は、英語「VoicePing」を日本語のカスタムフレーズ「ボイスピング」に登録した場合の翻訳デモビデオです。

お問い合わせ

ご不明な点や質問などがございましたら、テキストチャットによるサポートで迅速に対応させて頂きます。

@April 9, 2024 更新 by VoicePing株式会社