📝

文字起こし/自動議事録作成

目次

文字起こしとは

音声認識AIによって、会議室内での会話の音声をテキストに変換する機能です。

文字起こし可能な言語種類の設定

💡
VoicePingでは英語、中国語、フランス語などを含む40カ国以上の言語を文字起こし可能です。
💡
ワークスペース内で同時に文字起こし・翻訳できる言語は最大3言語までです。

文字起こし可能な言語リストの詳細は以下のページをご覧ください。

🔤
音声認識・翻訳言語リスト

文字起こし・翻訳可能な言語の設定方法

  1. アプリ内右上の設定ボタンをクリック
  2. 「文字起こし」メニューをクリック
  3. 「ワークスペースの言語オプション」の中の言語を追加・削除(最大3言語まで)
文字起こし・翻訳可能な言語の設定
文字起こし・翻訳可能な言語の設定

ただし、この設定はマネジャー以上のクラスのメンバーにのみ可能です。

文字起こしする言語の指定

1. 設定から指定する方法

  1. 右上の歯車ボタンから「設定」を開く
  2. 「文字起こし」メニューをクリック
  3. 文字起こしする言語を指定
設定から文字起こしする言語を指定

2. 会議室内チャットから指定する方法

  1. 中央下のツールバーから「チャット」をクリック
  2. チャットの右上にあるマイクのアイコンをクリック
  3. 文字起こしする言語を指定
会議室内チャットから文字起こしする言語を指定

💡
文字起こし機能は「会議室」内でのみ使用可能です。
💡
文字起こしされた文章は「チャット」からリアルタイムで確認可能です。

文字起こしのON・OFF

1. 会議室内のボタンを利用する方法

会議室内左上のスイッチから切り替えができます。

会議室内ボタンから文字起こし機能をON・OFF

2. 会議室設定を利用する方法

  1. 会議室内右上の歯車から「設定」を開く
  2. 「文字起こし機能を設定する」をクリック
会議室設定から文字起こし機能をON・OFF
💡
最後には必ず「適用」をクリックしてください。

カスタムフレーズ登録

一般的に使われていない用語を話した際、正しく文字起こしされていたとしても、AIが文脈をから考えて相応しくないと判断され、別の単語に置き換えられることになります。それを防ぐために、社内のみで使われる単語や固有名詞を事前にシステム上に登録し、意図した通りの文字起こし・議事録作成ができるようにすることが可能です。

カスタムフレーズ登録する方法

  1. 右上の歯車ボタンから「設定」を開く
  2. 「文字起こし」をクリック
  3. カスタムフレーズを入力
カスタムフレーズ登録する方法

カスタムフレーズ登録時の注意点

  • 登録する単語は「;」で区切ってください。
  • フレーズの登録は一人ひとりのメンバーが可能です。
  • フレーズを登録するとワークスペース全体に反映されることになります。
  • 削除したい場合には該当ワードを消してください。

議事録の閲覧方法

💡
文字起こし機能をONにすると、会議終了後に自動で議事録が作成・保存されます。
  1. 会議室内左上の吹き出しマークをクリック
  2. 「会議ログ」会議のログテキストを確認することができます。
議事録の閲覧方法

会話は話者ごとに分離されて保存されているため、誰の発言かも確認できます。

議事録名の編集方法

会議ログのタイトル横のペンマークから、議事録名の変更ができます。

議事録名の編集方法

お問い合わせ

ご不明点や質問などがありましたら、support@voice-ping.comまでご連絡ください。

@October 18, 2022 更新 by VoicePing株式会社